Minecraftで解説する社会学 コモンズの悲劇編

Tragedy of the Commons in Minecraft.

ハロー!!

2dab03a1cbe3e5ec7974d7bb0f053491.png

今回はちょっと箸休めに。建築をおやすみします。

代わりまして、新コーナー!マイクラで社会を学ぶーーっっっ!!!(?)

紙芝居形式で実際に存在する社会問題を取り扱っていきます!

それでは、はじまりはじまり~っっ!!












a9931e25a51abd84804b00cead83556d.png

「牛を育てて売るとかなり儲かるんだよな」

コモンズと呼ばれる共有地。誰でも自由に使えるように国に整備された場所。

潤沢な草が生い茂っているので、牧草地として大人気!




482fcec8f71be668fb89c075b7dadafe.png

「そうだ、一度にいっぱい飼おう!」

彼は悪知恵が働くため、一人でたくさん飼うという発想をしました。

自由な共有地なので、エサ代もかかりません。




9ee1838522a1b2c594cd1dacf927c220.png

「おっさん!育った牛を買い取ってくれ!」

彼は牛一頭あたりエメラルド1個と交換してもらいました。

ということは・・・?





85c9a304685cbf2bd1f7a6600866b14f.png

「大金持ちだぜ!!!!!」

彼は大量の牛を売って大儲けしました。

すると、共有地の同業村人は・・・





4660d14119483c1382415b2403edc35d.png

「おい、あの茶髪のやつ、多頭飼いで大儲けしたらしいぜ」「羨ましいなー」

羨望の目。





e0ad2568b0416fd4f0ad6b211462a067.png

「そうだ、俺たちもやればいいんだ!」

欲張りな村人はみんな真似をしました。




6fcb27565f06424da8f3ecaa110d55b4.png

「これだけ育てればあの茶髪のヤツより儲かるぞ!!」

村人たちは共有地いっぱいの牛を育て、買い取り人の元へ向かいました。





badf1d5fe028a6b5e14501d6f1584697.png

「おっさん!!買い取ってくれ!!」「うーん…10匹で1エメラルドかな」

なんと買い取り人は牛の数が間に合ってるとのことで、1匹あたりの買取額を

大きく下げてきたのです。牛たちは買い取り先が見つからず、死んでしまい・・・





9842fa3e8e8e5a3e877cff7c5d67e74c.png

共有地の草は荒れ果てて、誰も牛を育てられなくなってしまいました。

この事件から、国は共有地の利用を規制するようになり、公園としても不自由なスペースになってしまったとさ。

おわり。





【学び】

・みんなが自分が儲かるために好き勝手行動すると、巡り巡ってみんな損するよ

・なにか新しい発想を最初にやった人は大儲けするよ








おつかれ!!!!!!!!!!!!



記事執筆者:OVER

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する